アンティークダイニングチェア記事サムネイル

部分的なリペアでアンティークのダイニングチェアをキレイに!

今回は、背もたれのレリーフが可愛らしいアンティークダイニングチェアのリペアについてご紹介します。
アンティーク家具リペアの定番でもあるダイニングチェア。当店の工房でも、リペアのご依頼が多い家具の1つです。

一般的に、アンティークのダイニングチェアは座面(座る部分)が取り外せるつくりになっています。長く使っているうちにクッションだけが消耗する頻度が高く、座面のリペアのみをご依頼いただくこともたくさんあります。

今回は、お客様のご要望に合わせて、生地の交換や小傷の補修、ワックスで仕上げを行う部分的なリペアとなりました。古い塗装の剥離や、全体の塗装といったフルリペアは行いませんでしたが、補修やワックス仕上でどのぐらいキレイになるかの参考になればと思います。

アンティークダイニングチェアアンティークダイニングチェア

リペア前のBeforeと、リペアが完了したAfterの写真を並べています。中央のスライダーでBefore、Afterが比べられますので、見比べてみてください。

リペア前は、へたってしまっている座面のクッションや角々の塗装の剥がれが目立っていました。それらをリペアすることで、気持ちよく座れる状態にしたのがAfterの写真です。座面は膨らみを取り戻し、塗装の剥がれもありません。キレイになってお客様の元に戻っていったダイニングチェア。これからも長く大事に使っていただけそうです。

どんなリペア作業をして、どんな依頼ができるのか、アンティーク家具のリペアがちょっと分かりにくいと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。ご依頼の多いアンティークダイニングチェアのリペアのご紹介を通して、“アンティークリペア” が身近なものになってくれれば幸いです。

アンティーク家具のリペアは、自社工房を備える当店にご相談ください

専用のリペア工房を備える当店では、これまで数多くのアンティーク家具をリペアしてまいりました。
イギリスを中心としたヨーロッパへの直接買い付けを長年続けており、輸入したアンティーク家具、ヴィンテージ家具は自社工房にてリペアを行っております。

アンティーク家具やヴィンテージ家具は様式や状態によって適したリペア方法があります。幅広い方法の中から、お客様のご要望に合ったリペア方法を見極めるのはプロの家具職人でないとなかなか難しいと思います。自社工房を備える当店では、専門の家具職人によって最適なリペアを施します。

アンティーク家具、ヴィンテージ家具のリペアをお考えの際は、是非、当店にご相談ください。

THE GLOBE・OLD FRIENDオンラインショップのリペア(修復)について

自社の家具職人がリペアを担当しております。チェアの座面が破れてしまったり、キズがついてしまったりと、アンティーク家具・ヴィンテージ家具の様々なリペアに対応いたしております。お見積りは無料ですので、お気軽にご相談ください。

修理前のチェックとリペア後の状態をご紹介

アンティークダイニングチェア 座面リペア前の画像アンティークダイニングチェア 座面リペア後の画像

クッションがへたっている座面

座面の中材、クッションがへたってしまっています。座面の生地の中にはクッション材が入っており、長年の使用によって中のクッション材がへたってしまいます。左側のBeforeの写真では座り心地が悪く、長時間すわるのは難しい残念な状態になっていました。

生地の張替え、クッション材の交換、座面を支えるベルトの交換といったリペアを行うことで、右側のAfterの写真のように、弾力性の高い座面によみがえりました。

アンティークダイニングチェア 脚部分リペア後の画像アンティークダイニングチェア 脚部分リペア後の画像

塗装が剥がれてしまった脚部分

脚部分は、傷や塗装剥がれの補修、ワックス仕上を行いました。左側のBeforeの写真では、経年変化による傷や汚れが目立っています。

小傷や塗装剥がれの補修やワックスでの仕上を行うことで、右側のAfterの写真のように、アンティーク家具らしい艶が戻っています。全体の塗装を新しいものにしなくても、補修やワックスがけを丁寧に行うことで、見違えるような仕上りになります。

アンティークダイニングチェア 背もたれリペア前の画像アンティークダイニングチェア 背もたれリペア後の画像

小傷の補修でもここまでキレイになります

こちらは小傷の補修の効果をご紹介している写真です。左側のBeforeの写真は、背もたれ部分に塗装の剥がれがあり、木肌の露出が目立っていました。

小傷の補修を行うことで、右側のAfterの写真のように、露出した木肌が目立たなくなっています。全体の塗装をすることで新品のような仕上りにはなりますが、リペア費用は高額になってしまいます。小傷の補修のみのリペアでも、このように見違えるような仕上りになりますので、お気軽にご相談ください。

クリーニングでリペアスタート

アンティーク家具 ダイニングチェアの細かな部分をクリーニングしている画像

スチールウールやブラシを使って、塗装面全体をクリーニングします。
専用のクリーナーを使ってゴミや汚れを落とすことで、その後の塗装や小傷の補修がスムーズに行えます。
スチールウールで汚れを落とす際は、木目の流れとスチールウールの繊維の流れを直角になるように角度を合わせて磨きます。直角にすることで、木目に詰まった頑固な汚れも “こそいで” 落とすことができます。

ご自宅でクリーニングする場合は、木肌を傷めない為に、木目の流れに沿ってスチールウールやタワシを動かすことをオススメします。

アンティーク家具 ダイニングチェアの背もたれをクリーニングしている画像

可愛らしい背もたれのレリーフは、ダイニングチェアでも目立つ部分ですのでしっかりとクリーニングします。手垢や油汚れといった汚れは、泡に吸着されて落ちていきます。しっかりと泡がたって、キレイにクリーニングすることができました。

座面を解体してクッションやベルトのチェック

アンティーク家具 ダイニングチェアの座面を解体している画像

続いては、座面の解体です。
枠材を傷めないようにトップカバーの生地を丁寧に外していきます。クッション材がかなりヘタってしまっており、交換が必要な状態でした。ダイニングチェアは座面が取り外せることが多く、このように枠材に生地やクッション材が取付けられています。消耗の激しい座面だけを取り換えやすい構造は、昔の家具職人のアイデアが感じられます。

アンティーク家具 ダイニングチェアの座面のベルトを外している画像

こちらはトップカバーの生地とクッション材を外した後に、ベルトを外している場面です。
座った時の荷重を、このようなベルトで受け止めています。ベルトが緩んでいると座り心地も不安定になってしまい、気持ちよく座ることができません。今回のリペアではベルトも交換し、強度を高くしました。座り心地のよい座面で、これからもずっと大切にしてもらえる家具にしたいですからね!

座面の生地やクッション、ベルトの交換

アンティーク家具 ダイニングチェアの座面のベルトを取り付けている画像

先ほど解体した座面は、枠材以外は交換が必要な状態でした。まずは枠材に新しいベルトを取り付ける作業からスタートです。
作業台と座面の枠材を固定してベルトを取り付けている場面。万力でしっかりと固定することで、ベルトをしっかりと引っ張りながら取り付けています。ベルトをしっかりと引っ張ることで、座った時の沈みが少なくなり、気持ちよく座っていただける座面になります。

細かい部分ではありますが、リペアの一つ一つの精度を高めることで、たくさんのお客様に喜んでいただいております。

アンティーク家具 ダイニングチェアの座面のトップカバーを取り付けている画像

トップカバーの生地を張り替えている場面です。枠材全体を覆うように、ベルト同様、しっかりと固定します。
今回は、お客様のご要望に合わせて起毛した生地を取り付けました。肌触りのよい起毛した生地は、落ち着いた光沢を感じさせてくれ、とても上品な仕上がりに。アンティーク家具特有の艶との相性も良く、張替え用の生地としてオススメです。椅子やキャビネットの棚板用といった、生地の張替えの場合は、生地選びのご要望もお伺いしております。

アンティーク家具 ダイニングチェアの座面をはめ込んでいる画像

生地やベルトを張り替えた後に、椅子本体としっかりと組み合わせての調整を行います。張替え作業の間に枠材が歪んでしまい、座面のガタつきがないかを確認します。

写真では分かりにくいのですが、座面の歪みもなくしっかりと収まってくれました。座面全体の張替えを行うと、座った時の安心感や弾力感がまったく違うものになります。
座り心地よをよくする座面全体の張替えのみでのリペアもご依頼可能ですので、これからも大事にしたいとお考えのアンティークチェアをお持ちの場合、是非お試しいただければと思います。

小傷の補修で見違えるようにキレイに

アンティーク家具 ダイニングチェアの小傷を補修している画像

小傷の補修を行っている場面です。
塗装が剥がれてしまい木肌が露出している部分を、細かく塗装して補修します。前述のBeforeとAfterの写真でご紹介したように、色ムラのない自然な仕上りを目指して補修してきます。昔の塗料との色合わせや、重ね塗りの状況を判断して作業していきます。

ワックスがけで艶のある仕上がりに

アンティーク家具 ダイニングチェアのワックスがけをしている画像

アンティーク家具特有の艶を出すために、ワックスをかけて仕上げています。
ワックスは艶を出す効果以外にも、水や傷から守る効果も持っています。現行新品の家具では艶出しや高い耐久性を持つウレタン塗装を行うことが多いのですが、アンティーク家具は伝統的なポリッシュ(ニス)塗装やラッカー塗装を行うことが一般的です。これらの伝統的な塗装は、耐久性があまり高くない為、塗装の上からワックスがけを行うことで耐久性を高めているんです。

リペアしたポイントをチェック

アンティーク家具 ダイニングチェアのリペアされた画像

リペア前に比べて、ヘタってしまっていた座面や小傷が修復されています。

長い時間で落ちてしまったワックスをかけなおすことで、艶も回復しました。ダイニングやリビング、書斎といったさまざまなスペースに取り入れやすいダイニングチェア。これからも活躍してくれるアンティーク家具によみがえりました。

アンティーク家具 ダイニングチェアのリペアされた背もたれの画像

可愛らしいレリーフも塗装剥がれがなくなったことで、よりいっそう彫刻が目立つように。

彫刻された部分はどうしても汚れが溜まりやすい場所です。クリーニングと小傷の補修、ワックス仕上のみのリペアでもこんなにキレイになるんです。塗装や剥離を含んだフルリペアをいきなり試すのは不安な方も多いかと思いますが、部分的なリペアでも、これまでとは違った新鮮な印象を与えてくれますよ。

その他、アンティーク家具・ヴィンテージ家具のリペア(修復)についてご覧になりたい方は、こちらのページをご参照ください。

THE GLOBE・OLD FRIENDオンラインショップのリペア(修復)について

自社の家具職人がリペアを担当しております。チェアの座面が破れてしまったり、キズがついてしまったりと、アンティーク家具・ヴィンテージ家具の様々なリペアに対応いたしております。お見積りは無料ですので、お気軽にご相談ください。

>オンラインショップはこちら

オンラインショップはこちら